百物語 七十六回目「心の一法」

若き日のおれが最ものぞんでいたものは得られなかったのだが。
まあ、そのむくいのようにぐだぐたの生活を一時送っていた。
単に働いていただけといえば、そうなのだが。
特に目的も希望もなくまあ、ゾンビのように。
昼夜を問わず徹夜の連続で仕事をしていた。
出口のない暗い道をただひたすら歩いているようなものだったが。
そうしていることで、望んだものが手に入るかもしれないという。
勘違いを生きていた。

それは春先のことであった。
そのころはまだ窓の外に桜の木があり。
薄い血の色に染まった花びらが雪のように舞い。
徹夜続きで陽が夕刻には部屋を赤く燃え上がらせるように染めるその部屋で。
おれは横たわっていたのだが。
疲労しつくしていてもなぜか眠りは訪れず。
金縛りのように。
身体だけは縫い付けられたように動かないのだが。
意識だけは、針を脳内に混入させられたように明晰にさえ渡り。
無限の闇へと落ちてゆくような。
そんな感じを味わっていた。

心の一法とは二階堂流の技である。
かつて、武芸者と陰陽師や呪術師の境界はとても曖昧なところにあったように思う。
心の一法はとても奇妙な技で剣術というよりも、集団催眠に近いものを感じるのだが。
正式な記録に残されているところでは、大名行列の見物にきたひとびとを金縛りにしたとも言われる。
宮本武蔵は、記録では細川藩の剣術指南役、松山主水の一番弟子村上吉之丞との試合から逃げ出している。
この松山主水が二階堂流の使い手であり、心の一法を使いこなす。
剣豪とよばれる武蔵にしても、相手を金縛りにさせるような技と戦いたくはなかったということか。
金縛りとは。
ある種癲癇の小発作のようなものではないかと思っている。
一時的に脳内のシノプシスが異常発火する。
脳とはとても奇妙な機械であると言ってもいいだろう。
つまり、シノプシス間の発火を起こすネットワークは電磁気的な連携ではなく、伝達物質が物理的運動を行い、シノプシスの発火をコントロールする。
これは電磁気的なつまり波動的な事象を、局所実在する物質にコントロールさせているということだ。
量子脳理論を語るペンローズは、脳内で量子崩壊が発生していると主張する。
つまり、伝達物質のとおるマイクロチューブルにて波動関数の収縮が起きるというのだ。
結局のところ。
それが呪いであれ、憎しみであれ。
あるは愛であれ、哀しみであれ。
脳内では様々な潜在性がコヒーレントな状態で重なり合っており。
それが自壊していくのだが、その自壊が多元的に生じてしまうとシノプシス発火のネットワークが狂ってゆくので。

おれたちし堕ちてゆくのだ。
無限の闇へと。

 

百物語 七十五回目「ウィンチェスター」

おれは過ちをいくつも犯してきた。
そして。
今もさらに積み重ねていこうとしている。
そんなことは、今更なのだが。
かつて、過ちについて、このようなことを語ったことがある。

「過ちとは、量子力学的なふるまいをする事象だと思う。
個々の愚かな行為を行っている間、そのときの行為はシュレディンガーの猫が生と死が重なりあった状態にあるように、それはまだ過ちとは決定されていない。
でも。
愚かな行為が積み重ねられ、それが自らの重みで崩壊して誤りと決定された時。愚かな行いだけではなく、積み重ねられた全てが過ちの自壊へなだれこんでいく。
コヒーレントに重なり合った波動関数が量子重力の崩壊で、一意に局所実在化するようなものだ。」

これはまた、呪いについても似たようなことが言える。

ウィンチェスター社はアメリカの西部開拓時代からある老舗の銃器メーカーである。
スミス&ウェッソン社の前身となる会社からライフルの権利を譲り受け。
主にライフルの製造を行ってきた。
この会社の創業者の未亡人が作ったウィンチェスター・ミステリー・ハウスこそが。
過ちが生のように蠢き。
いうならば、カオスから立ち上がり語りかけてくるような場となった。
つまり。
それは過去の累積が自壊してゆき、今を規定するということだ。
ひとは、どのように生きようとも。
結局のところ過去の愛の憎しみの哀しみの絶望の奴隷であるというかのように。
ウィンチェスター・ミステリー・ハウスは、無数に折り畳まれた襞のような秘密の部屋に。
過去を。
流された血を。
幾つもの哀しみを抱え込み。
その場を、そして、現在を、そして未来を過ちへと飲み込んでゆく。
結局のところ。
ひとは持続に基礎づけられた多様性からの自由を獲得するためには。

過ちもまた生である自由へと。
乗り越えていかなければなららないのだろう。

そう考えたりもする。

 

百物語 七十四回目「火車」

7年ほど前の話である。
毎晩終電車が過ぎ去ってから仕事場より帰るのが通例であった。
まあ、忙しかったのである。
電車がなければ、必然的にタクシーに乗って帰ることになった。
確か1号線沿いを通って帰ったように思う。
広く長い真っ直ぐな道は深夜を過ぎると車の通りもへり、ビジネス街も暗く闇に沈んで行くせいもあってか、どこか夜の河のようでもあった。
おれは、タクシーをその夜の河を渡る船のようだと思いながら、黒く闇に溶け混んだ街を眺めていたものだ。
その日。
闇の中から大きなトレーラーが、海の底から海獣が浮かび上がるように姿を現したのを見た。
始めはそれはクレーン車を積んでいるのかと思ったが。
薄明かりの中で影のように浮かび上がる巨体をよく見ているとそれが戦車であることに気付いた。
おれは、オフィス街にはとても場違いなその戦闘機械を見て。
いったい自分がどこに向かっているのであろうと。
不思議な思いにとらわれた。

火車とは。
元々は仏教説話に登場する、牛鬼、馬鬼が牽く焔につつまれた車で、死者を冥界に運ぶための車のことのようであったらしいが。
それが転じて、死体を奪う妖怪のこととなり。
焔につつまれた車を牽くのは鬼ではなく、魍魎という獣のような妖怪であったり。
猫叉のような妖怪に牽かれたようだ。
なんにしてもそれは。
この世ならざる所へと、走り去ることのできる車のようだ。
車とは、まあ空間を移動するものだ。
北村昌士ドゥルーズ経由でベルクソンのこんな言葉を引用している。
「空間のなかに並置された多様性と、持続のなかに基礎づけられる状態の多様性という、二つのタイプの多様性が混同される自由の問題」
持続というものは、時間と関わりを持つものだと思われるので、これは空間の中での自由と時間の中での自由について語っているのだと考えられる。
北村昌士は持続の中に基礎付けられる多様性を音楽に関わるものとして語るのであるが。
空間の中に並置されるには、それはそもそも局所実在を前提にする。
量子力学的に言えば、局所実在が実現するのは、観測という行為の後ということになる。
ある意味。
それはおれたちの思考そして、認識と関わるものだ。
この世を移動するのは、おれたちの思考の中を移動するようなものであろう。
しかし、観測される前であれば。
それは場の性質として波動関数によって表されるのであろうが、対象は確率的に世界に遍在するのであるのであるから。
そもそも移動することはありえない。
移動するのはむしろ。
おれたちの思考なのだといっていい。
焔は、世界を揺るがせ、おれたちの思考をふるわせ。
おそらく、弛緩したつまり認識されざる局所実在のない波動関数で表現されるような世界において。
時間と音楽をおそらくは旋回させながら。
この世と他界を。
往還するものであると思う。

おれは。
戦車という戦場で焔を吹くであろう車を見ながら。
ぼんやりと。
そこがもう、この世であらざるところのような。
あるいは。
黒い河のような道が実は冥界に繋がっているような。
そんな妄想にとらわれながら。
夜の景色を茫然と眺めていたのだった。

 

 

百物語 七十三回目「かまいたち」

子供のころの話である。
まだ小学生の低学年であったころ。
なにかと血塗れになるような怪我ばかりする子供であったようである。
頭部に傷を負うことが多く。
額に何針か縫うような傷をよくおっていた。
今では、特に傷跡も残っていないようであるが。
小学生のころは額に傷跡があったため、なんとなく前髪をたらしてそれを隠していたらしい。
幼い日の記憶がいいかげんなので定かではない。
だいたいが、不器用で臆病な子供であったらしく。
特に危険な遊びをしていた訳ではなく。
普通に遊んでいて、全身血塗れになるような怪我をしていたようなので。
まあ、ある意味怪我する才能があったのかもしれない。
怪我をしたとき、本人はただ茫然としていただけのようなのだが。
周りにいた友達がパニクッておとなを呼んでくれたので、どうも大事にはならなかったようだ。
なんにしても、あまりよく覚えておらず、後から大変だったと愚痴られる。
まあ、痛かったのだろうとは思うのだけれど。
怪我したときのことは、あまりよく覚えていない。
どちらかと言えば、その後押さえつけられ傷口を縫われるときのほうが遥かに痛くて記憶に残っている。
が、まあ、生きるというのはそういう痛いもんだからしょうがないと。
思っていたふしがある。

かまいたちとは。
ある事象に対する様々な解釈につけられた総称のように思う。
つまり、突然皮膚にすっぱり斬られた傷口ができ。
そこからあまり血はながれず、傷もはやく治るのであるが。
なぜその傷ができたのかは、よく判らないという事象である。
かまいたちは。
構太刀からきているともいう。
野鎌が付喪神に転じるともいうようだ。
また、鼬の姿を持ち、鎌のように鋭い爪を持つ妖怪であるともされ。
飯綱の一種でもあるといわれることもあるらしく。
また、旋風と関係があるとされる場合が多いようだ。
妖怪の関わる怪異としては珍しく、科学的解釈も多くある。
興味深いのは。
まあおれのかってな思いなのではあるのだろうけれど。
科学的な説明も、妖怪をもちいた説明も、同程度の説得力しかもっていないように思えることである。
怪異の事象としてははっきりしているのだが、科学的説明はどこか矛盾が残ってしまい。
事象を一意に意味沈殿させることができず。
そういう意味では妖怪を用いた説明と同じように思える。
そもそも、科学的説明というものはどこまでいってもひとつの仮説なのであり、真理の提示ではないのだから。
まあ、そういうものなんだろうけれど。
現代物理学者が量子力学に直面したときに、自分達の言ってることが実は道教の教えと大差ないのではと感じて。
神秘思想に関わってしまったという話も聞くが。
結局のところ、妖怪を使う説明も。
科学を使う説明も。
知るという山に異なる道から登ってもたどり着く頂は同じというような。
そんな感覚がなくもないのだが。
では知るとは何か。
判るとは何かといいだすと。
それは、世界と自分の間につける様々な折り合いのひとつと思え。
では、かまいたちはどのように折り合いを世界との間につけてくれるのかというと。
世界とはおれたちに、突然理不尽な痛みを与えるものであると。
まあ、そういうことのようにも思うのだ。

おれは。
何にしても、幼児期に幾つもの痛みを体に受け続けたせいか。
知るということは、痛みを伴うものだという感覚を持ってしまったように思う。
まあ、へんな話ではあるが。
世界とはそのような形でおれたちに語りかけ。
おれたちは斬り刻まれることで、世界の言葉を受けるという。
奇妙な確信めいたものを、身体に刻まれたような気がするのだ。

 

百物語 七十二回目「しょうけら」

10年ほど前のことになるだろうか。
おれは、タブレット型のパソコンを使っていた。
後にアップルがipadを売り出したときには、随分懐かしいものをひっぱり出してきたものだと思ったが。
それにしても、パソコンを携帯電話として売るとは、たいしたものだと思った。
それはともかくとして、おれは結構そのタブレット型のパソコンを気に入っていたので、長い間使っていた。
ただ、ジャンク品として安く売られていたものを買って自力でリストアしたしろものだけに。
とてもスペックが低かったため、ネットに繋がなければそう問題では無かったのだが、いざネットに繋ぐとなると。
アンチウィルスのソフトや、ファイヤーウォールに、アンチスパイウェアの常駐ソフトを起動し、それらのアップデイトが完了するまで30分くらいはかかったので。
まあ、電源いれてから食事をしてシャワーでもあびるとようやく使える状態になっているという感じだった。
古いOSでそれほど強くセキュリティもかけておらず、多少怪しげなサイトにもアクセスしてはいたので。
もしかすると、ウィルスに感染してたかもしれないが。
幸い実害にはあわなかった。
あまりにスペックが低すぎて、しかもかなりの低速回線でのネットアクセスだから。
ウィルスすら満足に動けなかったのかもと思ったりもする。

しょうけらは。
庚申待に関連した妖怪であるとも言われるようだ。
庚申待とは三尸と呼ばれる虫が庚申の夜に天に昇って天帝にひとの行いを報告するのを防ぐために。
一晩寝ないで過ごす行事のようだが。
一説によると、その三尸が姿を変えたのがしょうけらなのだそうな。
おれはこの三尸、あるいはしょうけらから。
ボットやスパイウェアと呼ばれるものを想像する。
言ってみればスパイウェアがパソコンの中に潜んで情報を収集してサーバーに送り込むように、三尸はひとの体内に潜んで情報を収集して天帝に報告するということだ。
では、情報とは何だろうかというと。
おれは、ひとの生きていこうとする力と同等のものと感じてしまう。
例えば性の営みをとってみると。
それは情報系を二系統に分散化して、エラーの出現率を抑えながら、子孫へと遺伝情報を伝えていくという行為なので。
性と生は密接に情報と絡んでいるように思う。
さて、いつものように妄言になるのだが。
ラプラスの鬼は、いうなれば全ての情報を掌握してあらゆることをシミュレート可能な存在ともとらえることができる。
ラプラスの鬼のような存在からすると、この世で起きる出来事は予め定められたこととなるのだろうが。
おれはしかし。
たとえ決定づけられていることであろうとも。
そこに至るプロセスで情報の生成(まあ、あらゆるレベル、つまりミクロやマクロのレベルでの進化)を前提とするのであれば、つまりノイズやカオスからの意味の生成を必要とするのであれば。
たとえ決まっていることであろうとも。
おれたちの、欲望と意思がそこに添えられなければ。
決して実現するものではないような気がするのだ。
では、三尸は何を吸い上げ天帝に報告していたのかというと。
おれたちの下意識にあるノイズやカオスが仄暗い闇の中でそっと呟き生成する。
欲望の吐息を吸い上げて空へ昇っていったのだと。
おれはそう思ったりもする。

おれは一時期生への意欲を失っていたころもあった。
多分低スペックのパソコンではウィルスですら満足に動けなかったのではという想定からすると。
おれの中の三尸はおれの欲望の吐息を満足に吸い上げることができなかったので。
おれは天帝に殺されることもなく、生き長らえてしまったのかと思う。
だから今ではこう思う。
懸命に生きることを欲するものにこそ。
恩寵としての死はあたえられるのであろうと。
死を望むなら。
まず生き尽くすこと。
そんなふうにも思う。

 

百物語 七十一回目「見えないひと」

その図書館は、書物の迷宮のようであった。
建物自体はそう大きいわけではない。
けれども、幾重にも折り重なるように配置された書架は、まるで僕を袋小路へと誘い込んでゆくようだ。
その本で作られた森のような図書館の中につくられた、森の空き地のような読書スペースに僕はなんとか辿り着くと本を開く。
腰をおろして本を読み出すとようやく気がつくのであるが、以外とこの図書館はひとの行き来がある。
本の作り上げた海の底を静かに遊弋していく魚のように、ひらりひらりとひとが漂っていった。
また、物思いに沈むように、書架を前に本を読み耽るひともいる。
秘密の話を囁き合うような声で、本を前にして語り合うひとたちもいた。
僕は、自分の選んだ本を読みながら時折目に疲れを感じると、そうした行き交うひとたちを眺めてぼんやりとこころと目を休める。
そこにいるひとたちは、互いに関心を持っていないように見えながら、それでも最低限の注意は互いに持っているようだ。
それは、まるで目に見えない蜘蛛の糸がそこにいるひとたちを、絡めとっているというかのように思える。
僕はそのおんなのひとが入ってきたとき、はっと息を呑んだ。
そのひとは、まるで蜘蛛の糸が張り巡らした網を喰い破るように、あるいは灰色の曇り空を切り裂いて現れたお日様のように思えた。
そこにいるひとたちが無意識の内に張り巡らしているであろう、静寂の魔法をまったく無視していたのだ。
かつかつと踵の高いブーツで、高らかに足音をたてながら、ゆきかうひとたちの顔を無遠慮に覗き込んだりしながら僕の方に近づいてくる。
僕はあることに気がつき、はっとなった。
おんなのひとは図書館にはそぐはない深紅の大輪の花を思わせるドレスを纏っており、さらに銀色に輝くブーツで足音を響かせていたので、否応なく人目をひくはずなのに。
そのうえ、ひとびとの顔の真っ正面に自分の顔を持って行き覗き込んでいるというのに。
誰ひとり、そのひとを見ていない。
いやむしろ、見えていないというべきなのだろう。
霊、という言葉がぼくのこころに浮かんだのだけれど、それを僕は否定する。
霊のことはよく知らないけれど、こんなに無作法ではないはずだ。
このおんなのひとは、自分がひとから見られないということを知っており、そのように振る舞っているようだと。
僕は結論づけた。
突然、そのひとの大きく黒い瞳が僕を見付ける。
僕は猛禽に見つけられた子ネズミのようにすくみ上がったが、おんなのひとは頓着せずに僕の前に近づいてきた。
そのひとは、とん、と僕の前に腰をおろすと咲き誇る花のように美しい笑顔をみせた。
「へえ」
そのひとは、クノップフが描く天使みたいに意思的な強さを持った瞳を真っ直ぐ僕に向けると、甘い吐息が頬に感じられるくらい僕に顔を近づけた。
「見えてるんだ、あたしが」
僕は、思わず答える。
じゃあやっぱり他のひとには見えないのか。
そのひとは、くすくすと楽しげに笑った。
「あたしはねえ、自分に呪いをかけたのよ」
おんなのひとの顔は僕の真っ正面にあり、裁きの天使のような整いつつ残酷さを孕んだその顔から目をそらすことができなかった。
いったいなぜ、呪いなんてかけたんだろう。
「高慢の罪を戒めるためよ」
高慢の罪だって?
「まあ、そうね。誰からも求められ、自分で望んだものは必ず手にいれるという生き方をしてたのだけど」
おんなのひとは、苦笑するように唇を歪めた。
「気がつくと全てを失ったのよ。だから、戒めのために誰からも求められず、誰も求めないようにしたのよね」
なぜ、僕には見えるんだろう。
「さあね」
そのひとは、弄ぶように僕の頬を撫で、その指先で目や鼻の輪郭をなぞり、唇を掠めていった。
「君があたしに興味をもって、あたしが君に興味をもったせいね」
僕があなたに興味をもったって?
そのひとは突然怒ったように笑みをかきけすと、すっとさらに顔を僕に近づけて。
その唇を、僕の唇に重ねた。
僕は空の彼方から、深海の底へと墜ちていくような幻惑と陶酔のような失墜感に捕らわれる。
僕は、巨大な渦に巻き込まれたみたいにぐるぐる目が回り、意識が闇に呑まれそうにになった。
突然、声をかけられる。
「閉館の時間ですよ」
目をひらくと紅いドレスのおんなのひとはおらず、代わりにひとりの青年が立っていた。
ここの図書館の司書なのだと思う。
僕は、そのひとに声をかけた。
ここの図書館は、確か女性の芸術家が亡くなった後、そのひとの蔵書を保管するためにつくられたのが始まりなんでしたよね。
「はい。正確には亡くなったのではなく失踪ですけど」
そのひとの写真かなにかありませんか?
司書のひとは、僕が読み耽っていた本の著者を紹介するページを開くと、写真を指し示す。
ああ、そこには。
あのひとがいた。
深紅のドレスに、殺戮の天使の笑み。
気がつくと僕は涙をこぼしていた。
くすくすと。
耳のそばで誰かが笑った気がした。

 

百物語 七十回目「KLF」

12年ほど昔のことになるだろうか。
田舎に造られた、とある企業の研究所のようなところに、仕事で通っていた。
いわゆるバブルの時代に山に囲まれた土地を切り開いて、街をつくりだそうとしたところであって。
バブルが崩壊するとともに、都市を造り上げる計画も中途半端なところで消えさてしまったらしく。
高級住宅街のような街並みが、いくつかの企業の研究所に囲まれるようにあることはあるが。
その周囲には延々と里山を切り崩して造ったらしい住宅の建設予定地であろう平地があるばかりで。
ひとが住むというにはあまりに人工的な世界であり。
子供のころに住んでいた山を切り崩して造ったであろう住宅街とも少し似ていたのではあるが。
それ以上に、ひとの住む場所という気配が希薄であった。
そこは通うためには、電車に大阪の中心部から一時間は乗り続ける必要があるところである。
なにしろ、線路が途中で単線になてしまうこともあり。
電車がすれ違うことだけでも随分時間がかかるのだ。
その田園地帯を貫いて走る電車に乗って何をしていたかというと。
まあ、小説を書いていた。
その時にに使っていたのが、主にPDAと呼ばれるもので。
スマートフォンと呼ばれるものが普及するとともに、すっかり姿を消すことになったのであるが。
当時はどこでもネットにアクセスするには、必需品といえた。
今ではいわゆるアンドロイド端末を使っているが。
何より驚いたのはLINUXをオペレーティングシステムとして採用した端末が携帯電話に使われたことだ。
オープンソースオペレーティングシステムは、いわゆるエマニュエル・ワーラーステインが言うところ脱商品化という概念を具現化したもののようにも思う。
つまり、携帯電話という製造責任を追求されるであろう商品にはそぐわないもののようにも思えるのだが。
グーグルの力がそれほどのものと言うことなのか。
着実に浸透しつつある。
所謂ITと呼ばれる業界では、ものを作ることより著作権を手に入れることの方が重要であった。
つまり。
オープンソースのように著作権を放棄したところから始まるものは、ジョブスやゲイツにとって得体の知れぬ怪物のようなものであったろうが。
かの二人が舞台から姿を消した今、オープンソースがそれとは知られぬままに、世界を覆いつつある。
これは、とても奇妙に思える。

KLFは、著作権解放戦線という名を持ったバンドである。
80年代の後半であったか。
ロックをハウスが扼殺するという言葉があったとおり。
いつのまにか、ロックはアクチュアルなジャンルとしての地位をダンスミュージックやヒップホップに譲ってゆくことになった。
それは二十年ほど前にジャズから譲り受けた荷物を渡したという感じもするが。
KLFは、ヒップホップのパンク的解釈と名乗り。
ある意味、時代に対するロック側からの逆襲ともとらえられるのかもしれないが。
パンクなのは音楽性においてではなく。
あきれるまでにアナーキー著作権無視と、権威に対する反逆であって。
造り上げられる音そのものは、アンビエンスなクラブサウンドであり。
まるで、秘密の夜を熱に浮かされながら銀河の空を渡って疾走していくような。
そんな感じの音をアナーキーにつまり著作権無視のサンプリングで造り上げていた。
彼らの代表作のひとつに、チルアウトというアルバムがある。
クラブのダンスで躍り続けた後。
虚脱した状態、まあ、いいかえればダウナーなトリップ状態とでもいうべき時間に。
流れていく音楽ということであり。
アナーキーな彼らが造り上げている静寂と平和な世界ということなのだろうけど。
なんだかおれは。
あの、人工的につくられた都市に向かう途中の。
半ば自然のままの長閑さを持ちつつ。
それでも人工的な自然であるような気がしてしまう。
あの見捨てられた街のことを、なんとなく思い浮かべながら彼らの音楽を聴いている。

数年前、久しぶりにその街にいってみたが。
広大な空き地にはいつの間にか大きなショッピングモールが出来ており。
住宅地もそろってきて。
すっかり街らしくなっていた。
いっぽうで、おれとしてはどんどん著作権ビジネスが終了しつつある気がしていて。
まあ、著作権解放戦線も時代の先駆けであったと思える日がくるのかもと。
そう、思ったりもする。